Blogブログ

chula:reのカットの流れ(ヘアドネ編)

→chula:reHP

ご予約はホットペッパービューティ

2月の休みは毎週火曜日

3月の休みは毎週火曜日

 

♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦

今日はchula:reのお仕事の流れを紹介します😊

まずご来店頂いたら鏡の前に座ってもらいヘアスタイルの相談をします。

カウンセリングです

 この時に大きくスタイルチェンジする方には、変えることによるメリットデメリットをお伝えしたり、自分でも気がついていないクセ毛だったり、いろいろ納得していただいた上でヘアスタイルを決めていく重要なところでもあります。

長さが決まれば髪を細かく結いていきます

今回のお客さんはヘアドネーションでご来店なので、糸ゴムと呼ばれるゴムで細かく結いていきます

※ ヘアドネーションとは18歳以下の病気や怪我で髪の毛に問題を抱えた子供達に、人毛100%のメディカルウィッグを完全無償でプレゼントをする活動で、材料となる31cm以上の髪の毛を寄付するボランティアです

結き終わった髪の毛を、規定の31cm以上になっているかの最終確認

結いた髪の毛を一気に切り進めます。以前は自分でカットしてもらっていた事もありましたが、技術に個人差があり、仕上がりに影響が出る為現在は行っていません

髪の毛との最後のお別れです。

必ず手渡し、自分の髪の毛の感想が自然ともれる場面です。今回は『馬のしっぽみたい♪』でした😊

その後はchula:re自慢の気持ちの良いシャンプーでリラックスしていただいたら形を整えていきます

基本的にはまずはウェットでカットしていきます。濡れた状態の方が髪の毛がまとまり、カットしやすいので、このカットでベースを整えます

一度乾かします、乾くと髪の状態がまた変わるので、髪の毛のクセの出かた、動きを見ながら慎重に微調整していきます

最後にアイロンを使って簡単なセットの仕方をレクチャーしたら完成

ヘアドネーションの流れはこんな感じで

カウンセリング→細かく結く→カット→シャンプー→ウェットカット→ドライ→ドライカット→アイロン

こんな流れで役90分で施術は終わります

今回のお客さんは白髪混じりだったり、カラーリングもしていましたが、そういう方でも長さが31cm以上あれば寄付できます。多少ダメージがあってもブラシでとかせるようなら大丈夫なので、性別、年齢、国籍問わず誰でも参加できる素晴らしいボランティアです。

ヘアドネーションどうもありがとうございました😊

担当 Atsuko

只今クラウドファンディングに挑戦中!!

残り42日!

  • クラウドファンディングというのは

  • 『Tシャツを売って子供用のウィグ製作費に寄付をする』

    こういうテーマを掲げて

    賛同していただいた方にチャリティTシャツを購入してもらい、その売上で子供用ウィッグの製作費に寄付をしようというプロジェクトです。

    下のリンクから飛べるのでご協力ご支援よろしくお願いします(SNS等でシェアしてもらえると嬉しいです)

    支援するにはよしもとID登録が必要になります

    Facebookアカウントをお持ちの方はそちらを使うとスムーズに登録できます

    ☞クラウドファンディングSILKHAT(シルクハット))

    ☞よしもとIDの登録方法

     まだまだ目標には程遠いので、ご支援、SNSでのシェア等よろしくお願いします!寄付したいです

     

     

    スゴい石鹸

    スゴいブラシ

    →Facebookプロフィール

    Facebookで友達になってもらうとその日のお得情報や空き状況がわかります!

     

    身体にも使える凄いドライヤー取り扱い中

    凄いドライヤーの詳細はコチラ

    ハナヘナについて

     

     

    このブログを書いているのは

    白湯を飲んで ウクレレ弾いて ランニングして 筋トレしている

    沖縄出身のキャンです

    最後まで読んでいただきありがとうございます!

    あなたのご来店をお待ちしております

    ご相談ご質問はLINEで受け付けます

    アカウントは『@chula-re1024』

    見つけて友達登録よろしくお願い致します。

    →LINE友達登録

    TEL 045-355-0914

    E-mail info@chulare.com

    〒236-0016

    横浜市金沢区谷津町150 プライムレーベル金沢文庫2F

    ご来店お待ちしております♪

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    関連記事